貯玉管理センター

貯玉補償制度のご案内

貯玉とは

貯玉とは一般的に遊技客が会員カードなどを使用し、玉・メダルを貯めることをいいます。
遊技客は玉・メダルをその日に交換しなくても、後日、交換することが可能です。混雑した賞品カウンタに並ばなくても、次回来店時、交換が出来ます。また、欲しい賞品があった場合、貯めることにより欲しかった賞品と交換ができます。
ホール様においては、遊技客にとっての大変に重要なデータをお預かりすることになります。万が一データが消えてしまった場合や災害等不測の事態に備えて、第三者によるデータ管理を行う「貯玉補償制度」があります。

貯玉とは

貯玉補償制度とは

貯玉・メダル・再プレイシステムを導入するためには、(1)貯玉補償基金と(2)センタ事業者との契約が必要です。この2つの要件から成り立つのが「貯玉補償制度」です。遊技客の貯玉データが不測の事態により消滅してしまったり、ホール様において、万が一の事故が発生した場合、遊技客に多大な迷惑がかかることになります。「貯玉補償制度」は遊技客を保護し、ひいては、業界の健全化に寄与するものです。
当社は、センタ事業者として、貯玉補償基金をささえています。

貯玉補償制度とは

(1)貯玉補償基金

貯玉・メダルを行っているホールで、何らかの不測の事態や万が一の事故の発生により、遊技客から預かっている貯玉・メダルの払い戻しが不能になった時に備えて、遊技客への保護措置をとるための基金を運営し、必要に応じて補償業務を実施します。

貯玉補償基金

(2)センタ事業者

ホール経営者、ホール関係法人以外の第三者で、一般社団法人貯玉補償基金の定める要件を満たし、ホールとの契約に基づき遊技客の利益保護を第一義として貯玉・メダルのデータ管理を行う事業者のことです。センタ事業者はホールの貯玉・メダルのデータのバックアップを行い、何らかの不測の事態によりホールのデータが消滅した場合でも、ホール以外の第三者としてデータの開示を行います。

(2)センタ事業者

当社は平成19年5月11日に開催されました、貯玉補償基金理事会においてセンタ事業者に選任されました。