集計機器

紙幣入金整理機 UH-700

約800枚まで一度にセットでき、
1回の操作で、7金種を同時帯封します。

  • 特徴
  • 仕様

特徴

帯封作業時は、ホッパーにセットされた混合紙幣をスピーディに計数・分類し、指定金種毎に小束を自動作成していきます。しかも、業界初の5ポケット&2スタッカで、従来機を大きく超えた、よりスピーディで効率的な帯封作業を実現します。

ページトップへ

仕様

取扱金種 日本銀行券現行7金種(D券・E券)
処理内容 入金処理・バッチ処理・整理・帯封 [帯封処理]1金種指定・
2金種指定・3金種指定・4金種指定・正(損)券指定・
正損指定 (1金種・2金種)・新旧指定(1金種・2金種)
処理スピード [計数]約720枚/分
[帯封] 約7束/分(1〜2金種指定時)、
約6束/分以上(3金種指定時)、
5束/分以上(4金種指定時)
表示 タッチパネル式TFTカラー液晶ディスプレイ
ホッパー容量 約800枚
スタッカー容量 約150枚×2
リジェクト容量 最大50枚
バッチ枚数 1〜500枚の任意設定
消費電力 約455W
外形寸法 400(W)×700(D)×1,300(H)mm ※突起部含まず
質量 (重量) 約210kg